スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心機一転と言う名のこじつけ。

昨日はコメントでもご指摘を頂いた通り、まさかの「歴史ネタ始まりの歴史ネタ終わり」w。自転車ブログにあるまじきエントリになってしまいましたね。今読み返してみても「三日天下」の話題が1エントリを構成しているのを見て恥ずかしさが込み上げて来ましたw。歴史に関してはその道に精通した方のブログに任せるのがもっともですよね。さあ、気を取り直して今日は歴史の話題自転車の話題に戻ろうと思います。

さて今日は、自分の自転車について。
my725_0815.jpg

何度も紹介している画像で申し訳ありませんが、現在はこの状態でカスタムはストップしています。確かに最近は殆ど自転車に乗る時間を確保出来ていないので、カスタムを進めるなんてもっての他なのかも知れません。それでもね、行く年くる年。新しい年を迎えるって事は「心機一転」なワケなのですw。
毎年この季節になると話題に出てくる「流行語大賞」。今年は林先生の「いつやるの?今でしょ」と大ヒットドラマのフレーズ「倍返し」の2強と言われています。他にも東京五輪招致の「おもてなし」だったり、あまちゃんから「じぇじぇじぇ」だったりと多数のノミネートが見込まれ、近年稀に見る激戦になるとか。まあ「みんなが口にした、はやった言葉」と言う「流行語」の概念からすれば「今でしょ」が一歩リードしている気もしますよね。当方は日常の会話で「倍返しだ!」なんて言うシーンはありませんでした。「おもてなし」も使いませんでした。「じぇじぇじぇ」に至っては全く知りませんw。
「今でしょ」はよく使いましたね。妻から「いつ片付けるの?」「いつになったらヤセるの?」「いつになったら…」と聞かれる度に「今でしょ!」と返し、妻をイラっとさせていましたw。

ちなみに昨年の流行語大賞、覚えてます?
その話題はまたエントリの最後で…。

そして個人的に2013年の「自転車に関する流行語」を決めるのなら、恐らく「ポリッシュブーム」がダントツの1位になることでしょう。とにかくシルバー・ポリッシュ類に関しては今年1年間ハマりましたね。前後ホイールをポリッシュにした時の恍惚感は忘れられませんw。そのままの勢いでシートポストをシルバーにしてみたり、シルバーのドロップハンドルを買って見たり。全てを換装してその余りの「シルバー・ポリッシュ」感に驚き、慌ててブラックに戻したりなんかして。迷走しましたw。
何だか2013年の終盤を迎え、自分の中でのポリッシュブームは一段落の兆しを見せています。

次はどんなマイブームが来るのか分かりませんが、まずは2014年仕様として一度シルバー・ポリッシュ類を少なくして行こうと思います。まずはこのパーツ。
105_rear.jpg
ロードに乗っていた頃からず~っと使っていたSHIMANO 105のキャリパーブレーキ。SHIMANOのコンポーネントシリーズの上から3番目にして下から3番目と言う、何とも絶妙な位置にいる105のキャリパーブレーキです。そのブレーキレバーの握り込みから実際に効くまでの「ムニュ~っ」とした独特の感覚が大好きで、気が付けば写真の725にも、もう1台所有している722にも105が搭載されています。
そして今回、2014年仕様として導入を検討しているのがコチラ。
105black.jpg
はい、色違いですw。

もうここまで来たらこだわります。ず~っと使ってきたワケですから、次も105。ピスト・シングルギア車に105のブレーキと言えばmakiraxだと言われるようになるまでこだわりますw。特に105に対して不満もありませんし、交換しなければいけない理由もありません。単純に「シルバー・ポリッシュ」の削減のためと言う不純な動機です。それに、これまで乗ってきたロード車やピスト車のブレーキ本体はず~っとシルバーでした。初めて搭載するブラックのブレーキ。何だか雰囲気も変わる感じがします。

そして問題は前後のホイール。
もしこの前後のホイールを725から外した場合は、もう1台所有している722に行く事は確定しています。
722_2013_june1.jpg
そう、2013年で一段落させるシルバー・ポリッシュブームの名残を722に残そうという企画。サブで乗っている722を思いっ切りシルバーにする事で、不完全燃焼で終わりそうな2013年のブームを引き継いで行こうと思っています。

それではメインの725に搭載するホイールはどうするのか?
ここが悩みどころです。
80mmオーバーの超ディープリムから、カーボンバトン、42mmリムの通常ディープリム、50mmカーボン、薄リム…。前後の組み合わせも考えると、選択肢は膨大な数になりますよね。さらにバトンホイールにしない場合にはハブなんかも考えないといけません。その辺は一番重要な選択基準でもある「予算」も絡めて考える必要があります。これについては少し時間をかけて考えてみようと思います。
まあ、冬のボーナスも期待出来ませんし、年末の税金の還付金などを考慮してもそんなに高い買物は出来ないでしょう。他にも年末年始には自分でも驚くペースで財布から金が消えて行くもの。忘年会にクリスマスに新年の準備…。年が明ければ「お年玉」と言う何とも理不尽な「強制徴収」もあるでしょう。ここは少し冷静に、慎重に…。そんな事を思う水曜日の午後、眠さがピークになった会社のデスクからお届けしました。ああ…昼寝がしたいw。

ちなみにエントリ冒頭で触れた昨年の流行語大賞。解答は…
「ワイルドだろぉ?」でしたw。

ご意見・ご感想・メッセージお待ちしています!
yokohama.pist@gmail.com
↓最新のピスト・シングルスピードブログがたくさんあります!↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへにほんブログ村 自転車ブログ シングルスピードへ
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

遂に入荷!725、721の2014年モデル!

さて今日はいきなりの本題。
BROTURES各店舗のブログでも紹介されていましたが、遂に2014年モデルの完成車が入荷した様子です。今回の入荷は725と721の2014年モデル。このブログでも何度か紹介しましたが、2014年モデルからはパーツ・コンポーネントが大幅に変更になりました。ハンドル、ステム、シートポストにDEDA ELEMENTI、クランクセットにSUGINO、サドルにSELLA ITALIA…。益々豪華になって登場する2014年モデルを実際に店頭で見る事が出来そうです。
→仕様変更!725完成車が変わるゾ!(前編)
→仕様変更!725完成車が変わるゾ!(後編)

今日はそんな新入荷のモデルから、725を改めて紹介します。

725_2014_wh.jpg
※画像クリックで拡大します
まずはホワイト。
当方も乗っているこの725のホワイト。クリア仕上げですので、フレームの各所やスムーズ加工された溶接部分の曲線が非常に美しく輝く、高級感溢れる1台。ブラックのパーツとのコントラストが描く「シンプル&モノトーン」な感じがタマリません。もちろんカスタムパーツのカラーを選ばないのもホワイトの特徴のひとつ。オーナーのセンスひとつで様々な表情に換える事の出来るカラーですよね。オーナーのセンスが試されるので、当方はステッカー類を極力貼っていませんw。逆にどんどんシンプルにして行ってます…。

そして定番カラーのもう一つ、マットブラック。

725_2014_bk.jpg
※画像クリックで拡大します
LEADERBIKEの人気を飛躍的に高めたこのマットブラック、やっぱり間違いのない選択肢ですよね。国内流通ラインアップの中では唯一のマット仕上げ。太いエアロフレーム、クリアブラックには無い漆黒感と深み。恐らく他のどのピストメーカーにも無い魅力かも知れません。

そしてこのカラーも健在です。
725_2014_sg.jpg
※画像クリックで拡大します
シーフォームグリーン。
LEADERの街「サンディエゴ」の抜けるような青空と、エメラルドグリーンの海を想像させる何とも言えない美しいカラーですよね(サンディエゴには行った事ありませんがw)。こちらも仕上げはクリアで、美しいカラーに光沢をもたらしてくれています。このカラー、当方には少しハードルが高そうですw。これこそオーナーさんのセンスが試されるカラー。当方のような「服は黒かグレーを中心に、ズボンはジーンズ持ってりゃ何とかなる」って人間には難しそうです。このカラーにお乗りの方を何人か知っていますが、やっぱり皆さんオシャレですw。

そして今回のモデルから通常ラインアップされるのがこのカラー。要注目です。
725_2014_rd.jpg
※画像クリックで拡大します
レッド!
どこかあのイタリアの名車を想像させるような鮮やかなレッドは、クリア仕上げの光沢も相まって高級感は抜群ですね。赤と黒のコントラストって最高。情熱的な中にクールな黒。冷静と情熱のあいだ。竹野内豊ですね。ちなみに、芸能に疎い当方の知人は、この人の名前を「たけの うちとよ」と読みました。おい。どこの戦国武将だよ。
と、ネタか?な臭いがプンプンする話題はさておき、このカラーは人気が出そうですよね。部分的にイエローなんかの差し色を入れても良さそうですし、シルバー系を配色しても面白そうです。これもオーナーさんのセンスが試されそうですが、シーフォームグリーン以上に色々なアレンジが楽しめそうですよね。

日本国内、特にBROTURESでは725と735の人気は相変わらずで、新モデル以外でも入荷すれば即完売なんて事も多いとか。全体の本数が多く入荷していたとしても、自分に合うカラーとフレームサイズの組み合わせは実は少なかったりもします。新しくLEADERの725の購入を検討している方、現在お乗りのフレームから乗せ換えを検討されている方、完成車をもう1台買っちゃえ!なんて予定をしている羨ましい方wも、気になる方は是非BROTURESへお問い合わせする事をオススメします。恐らく今回の入荷を逃すと。年末年始を挟んで次回入荷は来年…なんて事にもなりそうです。
同じ3カ月先でも、年末年始を挟むととてつもなく先の事に感じてしまう不思議。しかもそれまでにはクリスマスや忘年会、何かと出費の重なる年末年始なんかがありますからね。是非今回の入荷分をゲットしちゃって下さいね!

ふ~。それにしても今回2014年モデルの725、シルバーのサイズ53が入荷しなくて良かったw。殆ど期待出来ない冬のボーナス、年末の源泉還付金なんかを突っ込んでしまう事になりかねませんからね。とてもフラットな気持ちでBROTURES横浜店頭で新モデルを見る事が出来そうですw。

ご意見・ご感想・メッセージお待ちしています!
yokohama.pist@gmail.com
↓最新のピスト・シングルスピードブログがたくさんあります!↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへにほんブログ村 自転車ブログ シングルスピードへ

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

721の新カラーはパワーボムにつながる。

いやはや…、完全に浦島太郎状態です。
先週火曜日から、業務に家庭に私用に息子の発熱に…と、何かとバタバタしていました。天候も不順だった事も相まって、自転車とは完全に無縁状態。深夜に走る事も叶わず、このまま行くと本当に真冬を迎えるまでゆっくり乗れない状態になりそうです。いかんいかん!何とかしないと。と、何から手を付けて良いのか分からない状態なので、まずはブログを更新しようと思いますw。少し自転車から離れると、新しい話題が次々と出て来るのが自転車の世界。何から触れようかも悩んでしまいますが…。今日はコレかな。ポリッシュ&シルバーフェチである当方にとっては衝撃のニュースですw。
721_silver1.jpg
※画像クリックで拡大します
LEADERBIKE 721TR SILVER!
…。
…。
シ、シルバーですってぇえええ!?
出ましたハイ。出ちゃいました。シルバーのエアロフレーム。しかも721で。実はこれまで2013年モデルの725からは、定番のマットブラックやホワイト、シーフォームグリーンの他のカラーもラインアップがされています。ただ、日本には未入荷だったんですよね。「Autobahn Grey」や「Pearlescent Purple」、そして「Corsa Red」。コルサレッドについては先日のBROTURES横浜のエントリでも紹介されていましたね。
725_corsared.jpg
鮮やかなレッドに目が奪われます。
こうやって単発的に少量が入荷する程度のカラー。特にAutobahn GreyやPurpleの方はまだ実物を見た事もありません。通常のラインアップに無い限定カラーがいきなり登場しちゃうのもLEADERBIKE in JAPANの楽しい所であり、毎回驚かされる所でもあります。

それにしてもこの721のシルバー、好きです。
何と言うかですね、"THIS IS SILVER!"なところがタマりませんw。人に説明する時に「銀!」と胸を張って言える銀加減が最高です。やっぱり銀色が好きなんだな~って事を実感します。定番のマットブラックとグロスホワイト(721はこの2色でしたよね)とは全く異なる雰囲気を持つマットなシルバー、是非オススメです。先日のエントリで紹介した通り、721は2014年モデルからコンポーネント類を一新。フロントフォークもこれまでのフルアルミではなく、I805TRと言うアルミ・カーボンフォークが搭載されて価格も若干上がります。つまりはエントリー向けではなく、エントリーとハイエンドを繋ぐ位置を担うようになりました。そしてこの新カラーの登場。むむむ…。まさか721がこんなに急展開を見せるとは…。一瞬この721にピクリと来た自分は完全に銀色の魔力に侵されたおっさんですw。

だったらさ、こっちの方が完全にハマるでしょ?とのご指摘を受けそうですw。これこれ。
725_silver1.jpg
BROTURES大阪のブログにアップされていた麻薬w。
あああああああああああ!これはw。
本日のBROTURES大阪の開店時間を待って、ちょっとだけ問い合わせてみようかな…。問合わせるだけなら、かかるのは電話代だけですし。聞いてみるだけって事で。

自転車に乗る時間を確保できていないにも関わらず、新しいモノにばかり目が行ってしまうおっさんでした。やっぱり自転車に乗れないストレスがこんな所に出てるんだな…なんて言ったら、我が家の財務大臣に強烈なパワーボムを喰らいそうですw。

ご意見・ご感想・メッセージお待ちしています!
yokohama.pist@gmail.com
↓最新のピスト・シングルスピードブログがたくさんあります!↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへにほんブログ村 自転車ブログ シングルスピードへ

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

エントリー向けを越えた721、2014モデル

何と先週は更新が1回でしたね泣。何と言う体たらく。確かにバタバタしていました。自転車には乗るどころか触れることも出来ない1週間。気が付くとソファで眠ってしまうような毎日が続き、あっと言う間に月曜日の朝を迎えてしまいました。今週1週間も公私ともにバタバタしそうですが、週の後半にはやはりコレが心配ですね。
taifu1.jpg
おいおいw、今年はどうなってんのかい?
この季節(10月下旬)って、こんなに台風って発生しましたっけ?つい先日に台風26号が大きな被害をもたらしたのも束の間、27号に続いて28号まで発生しています。何だかバレンティンのホームランみたいなペースです。進路は2つとも西方向。このまま進むと沖縄諸島近辺に大きな影響を与えそうです。26号の時もそうでしたが、ここから西本ばりのカミソリシュート(古いw)のような曲がりを見せると、またもや本州に影響も出そうです。何だか夏が終わって秋が来ないなと思ってたら、台風が沢山来て、気が付いたら冬になっていたでござる的な展開になりそう。自転車乗りにとっては雨続きの残念な日々が続きそうですね。

さてそんな今日はこんな話題を。
721_2014.jpg
※画像クリックで拡大します
LEADERBIKEのラインアップの中で「エントリー向け」と位置づけられていた721。上位モデルの725や735と同じアルミ材質のフレームながら、溶接部分の仕上げやフルアルミフォークを採用する事でコストを抑えた1本は、その価格的には最初の1台に最適でした。サイズによってはスローピングしたフォルムからクロスバイク的なアプローチも可能で、カスタムによっては気軽に街に乗り出せるのも人気のポイント。クオリティはそのままに、ピストバイクの敷居を下げてくれた立役者ですよね。BROTURES横浜でも数多くの721乗りの皆さんを見かけます。そんな721ですが、2014年モデルからは「エントリー向け」の立ち位置から脱却しそうです。

再度721の2014年モデルを紹介しましょう。
721_2014_3.jpg
2014年モデルからフロントフォークが黒に変わるようです。これまではホワイトのフレームにはホワイトのアルミフォーク、ブラックにはブラックのフォークでしたが、2014年からは共通でブラックになるみたいですね。当方もホワイトのフレームにブラックのフォークですが、やはりこの組み合わせの方が個人的には好きです。
そして各パーツ&コンポーネント。これは725の2014年モデルと同様に、完成車の段階でDEDA ELEMENTIのパーツが標準装備されます。羨ましいですね。
721_2014_2.jpg
ハンドルバーにはDEDAのライザーハンドル「STREET ISSIMO(ストリティッシモ)」を採用。幅460mm、6061アルミニウム製の軽量ハンドルは何と重量190グラム。そしてステムには同じくDEDAのロード用ステム「DEDA ELステム」を搭載。ハンドル周りがDEDAに統一され、高級感がアップしました。

725_deda3.jpg
シートポストにはこれまたDEDAの「RS-ELシートポスト」。サドルにはSELLA ITALIAのSLサドルが搭載されます。この辺は725の新モデルとも共通ですね。なので写真も725のものを使ってます。
そしてクランクがコレに。
721_2014_4.jpg
SUGINOのRD PISTA。
もう買ったその日からカスタムが進んでいる状態ですよね。「完成車に付いているパーツ=無名の廉価パーツ」と言う常識を裏切ってくれるこの仕様は羨ましい限り。更には最初から30mmのディープリムを搭載しているのも嬉しいポイントです。

気になる価格は税込99,750円と、これまでの721からは少しお値段が上がっています。このコンポーネント類が搭載されているので当然と言えば当然。でも間違いなくこれで721は「エントリー向け」は無くなったと言って良いでしょう。まあこの仕様で「エントリー向け」と言うのにも無理がありますよねw。
735、725に続くLEADERのエアロフレームの選択肢としての721。この仕様の2014年モデルも間もなくBROTURES各店舗に入荷するようです。気になる方は是非チェックして下さいね!

ご意見・ご感想・メッセージお待ちしています!
yokohama.pist@gmail.com
↓最新のピスト・シングルスピードブログがたくさんあります!↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへにほんブログ村 自転車ブログ シングルスピードへ

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

見て触って乗って来ました!EQNX!!(後編)

今日は昨日に引き続き、先週末日曜日にBROTURES横浜で試乗して来たEQNX(イクワナックス)のレビュー後編を書いて行きたいと思います。昨日のエントリでは主にEQNXのビジュアル面について触れてみました。今日はいよいよ試乗のレビューです。あくまでも比較になる3Kフルカーボンのフレームなんか持っていない(持てるだけの財力が無い。甲斐性が無い。そんな金あったら昼ご飯はもっと豪華になってるから)ので、比較対象と言えばいつも乗っている6061アルミの725や、これまで所有していたクロモリフレームなんかになってしまう点はご了承下さい。
eqnx_yokohama1.jpg
(C)BROTURES YOKOHAMA
※画像クリックで拡大します
さあ!いざ乗りますぞ!

カーボンフレームを目の前にすると必ずやってみる儀式があります。これは皆さんにも共通することかも知れません。そうです。まずは持ち上げますw。軽いとは頭で理解していますので、実際に持ち上げてみてその軽さに驚く。この一連の儀式を忘れてはいけません。なのでやっぱり持ち上げてみました。
ハイ、軽いですw。
当り前の流れなのですが、BROTURES横浜の試乗車にはフロントホイールにBLBのカーボンバトンホイール「NOTORIOUS 03」が搭載されていますので、特にフロントを持ち上げた時の軽さには自然と顔がニヤついてしまいます。全体を持ち上げた印象でもその軽さはやはりフルカーボンフレームならでは。これならエレベーターのないマンションの4階に住んでいても階段なんてへっちゃらです。
ちなみにこの「へっちゃら」ですが、元は「平ちゃら」と言う言葉でした。「平気」を表す「平」と、「冗談」や「でたらめ」を表す「ちゃら」を合わせた言葉なんだとか。それが口語の中で変化して「へっちゃら」になったんだそうです。はい、マメ知識的な感じで。

そんなサイヤ人を想像させる言葉の語源はともかく、いよいよ試乗です。実際の試乗はBROTURES横浜店頭前の道路。約100mほどを行ったり来たり。しかもビンディングシューズを履いていたのでペダルストラップに足を通す事も出来ずに、ペダルの裏踏みでの試乗です。トップスピードなど勿論出せませんが、その分じっくりと乗る事が出来ました。

まず漕ぎ出してみて、そのしなやかさに驚かされます。もちろん普段乗っているのがアルミのエアロフレームですので、アルミ特有のキビキビした「硬い」乗り口とは大きく異なります。それでいてクロモリのような「粘り」のある感じでもない。上手く言葉に出来ないのですが、アルミが「キビキビ硬い」とすればクロモリが「粘りのある硬いしなやかさ」、そしてこのカーボンが「まったりした吸いつくようなしなやかさ」と言った感じでしょうか…。むむ、逆に分かりにくくなりましたねw。
路面の衝撃吸収が格段に良くなったワケではないのですが、フレーム全体、自転車全体がミクロン単位の薄い緩衝材にコーティングされている様な心地よさがあります。カーボン繊維特有のこれもミクロン単位の「たわみ」がこの心地よさを生んでくれているのかも知れませんね。
なので乗っていてフレームが「とても静か」です。ライザーハンドルだった分を差し引いても、コンパクトなジオメトリで非常に乗りやすく、太めのダウンチューブが安心感をも担保してくれます。
コントロールの面では、車体の軽さも相まってとてもレスポンスが良く、アルミのビシっとした反応とは違う、乗り手の意思にスっと反応してくれる印象です。

ほんの100メートル程度走っただけなので、このフレームが持つポテンシャルの10%も引き出せていないですし、それだけで良し悪しを論じるなど言語道断かも知れません。それでも100m走っただけで「あ、このフレーム、なんかイイな」と感じさせてしまうような魅力がこのフレームにはあるようです。
そしてほんの100mほど走って、おっさんは試乗を終えました。まだまだ走っていたかったのですが、何だか嫌な予感がしたんです。何かやらかしてしまいそうな予感。歩行者を避けようとして転んでしまい、フルカーボンの試乗車にキズをつけてしまうような嫌な予感w。こう言う予感って当たるんですよね。「あ、宝くじが当たる気がする!」って予感は当たった試しが無いのに。「今日は何だか素敵な出会いがありそう♪キャピっ」って予感も当たった試しが無いのにw。

LEADERBIKEが満を持してリリースした3Kフルカーボンフレーム「EQNX(イクワナックス)」。BROTURES横浜での試乗会は10/10(木)まで開催しています。BROTURESでの試乗会も東京・大阪と続いて横浜が最後。試乗会が終わってしまうと、恐らくこのフレームに試乗する機会は…無いかも知れませんね。ハイエンドフレームですし、店頭展示も数が限られそうですからね。横浜近郊にお住まいの方は是非このチャンスを逃さないで下さい。試乗したから買わなきゃいけない、なんてそんな暴力バー的な仕打ちはありませんしw、フルカーボンの完成車に試乗出来る滅多にないチャンスですからね!

そして試乗を終えたおっさんの目に飛び込んで来たモノ…。
久し振りに「あ…欲しいかも…」と思わせたモノ…。それが店内に展示されていました。ああ、見るんじゃなかったw。
renovatio3.jpg
この自転車に関するレビューはまた次の機会に…。

ご意見・ご感想・メッセージお待ちしています!
yokohama.pist@gmail.com
↓最新のピスト・シングルスピードブログがたくさんあります!↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへにほんブログ村 自転車ブログ シングルスピードへ

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

makirax

Author:makirax
39歳1児の父。
現在は仕事と育児の合間を縫ってLEADER BIKE 725TRと722TSに乗っています。
自宅のある横浜みなとみらいを中心にのんびり走っています。
■725TR
<フレーム>
LEADERBIKE 725TR 2013
<フォーク>
LEADERBIKE I06TR CARBON
<クランクセット>
SRAM OMNIUM
<チェーンリング>
FSA PRO TRUCK 49T
<ハンドル>
DEDA PISTA ドロップ
<ステム>
THOMSON X2 70mm
<Fブレーキ>
SHIMANO 105
<Rブレーキ>
SHIMANO 105
<Fホイール>
BROTURES 42mm DEEP
<Rリム>
BROTURES 42mm DEEP
<F・Rハブ>
BROTURES ORIGINAL
<タイヤ>
CONTINENTAL
GATORSKIN 700×25
<シートポスト>
LEADERBIKE CARBON AERO
<サドル>
fi'zi:k ARIONE K:ium STD
<ペダル>
シマノPD-M520-L

■722
<フレーム>
LEADERBIKE 722TS STEEL PISTA
<フォーク>
LEADER BIKE S803
<クランクセット>
SUGINO RD MESSENGER 46T
<ハンドル>
BEAM XOB 50mmRISE
<ステム>
THOMSON X4 90mm
<Fブレーキ>
SHIMANO 105
<Rブレーキ>
SHIMANO 105
<Fホイール>
NO NAME
<Rリム>
NO NAME
<Rハブ>
NO NAME
<タイヤ>
NO NAME
<シートポスト>
THOMSON ELITE SETBACK
<サドル>
LEADER COSMIC BLACK SUEDE
<ペダル>
NO NAME
722は現在組み上げ中です!

検索フォーム
自転車日和?

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
ご訪問ありがとうございます
リンク
ADS by Google
関連商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。