スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神田チャッキーさんの735!

今日はスッキリと晴れた横浜地方。
今日から週末日曜日までは天気も穏やかな様子です。
来週はいよいよゴールデンウィークですね。今年の休日の配置はちょっと残念な感じですね。当方のようなカレンダー通りの勤務体系の場合、26日と27日の土日を休み、月曜日は出勤。火曜日(昭和の日)を休んで水木金と勤務。5/3土曜日から5/6までの4連休って感じですね。つまり、大型連休ってワケではなく、後半の4連休だけが小型な連休になりそうです。まあ、4/28の月曜日に有給を入れれば、前半に4連休、後半に4連休って事も可能。更に4/30から5/2までも有給を取れば、怒涛の11連休も可能ですw。あはは。そんな事したら間違いなく連休明けに自分のデスクは無くなってるかも知れませんねw。

さてそんな今日は、久し振りにブログをご覧頂いている方の自転車を紹介したいと思います。いつもコメントも頂戴している神田チャッキーさん。以前にこの日のエントリでも紹介しましたが、この時はCANNONDALEの名車「CAPO(カポ)」でしたが、今回は車種も変わっています。こちら!
chackyspist2014_4.jpg
※画像クリックで拡大します

おおおお!735だ!
この極太な感じ。マットブラックのステルス戦闘機を彷彿とさせるフォルム。今でこそ「KAGERO」や「RENOVATIO」シリーズなど多様なフレームを展開しているLEADERですが、やはりこの735や725に代表される「極太エアロフレーム」こそ、LEADERの代名詞でもあり真骨頂な気がしますよね。
もうね、写真を見ただけで分かりますよね。これまた高級車ですw。どこから紹介したら良いのか迷います。とりあえずは各パーツの構成から紹介しましょう。

フレーム:LEADER BIKE735TR 53cm
フォーク:LEADER BIKE I806TR FULL CARBON FORK MATTE BLACK
ヘッドセット:CHRIS KING
ステム:THOMSON X4 70mm
ハンドル:LEADER DOWNTOWN DROPBAR
BB:PHILWOOD OUTBOARD BB FOR SRAM OMNIUM CRANK
クランク:SRAM OMNIUM
チェーンリング:SUGINO 禅 51T
リアコグ:EURO AISIA
チェーン:IZUMI
フロントホイール:TORECA
リアホイール:PLANET CARBON RIM 101
リアハブ:chub hub fixed
ブレーキ:TRP R 960
ブレーキレバー:TRP CARBON
ペダル:MKS
トゥークリップ:STAR FUKERS
トゥーストラップ:BROOKS
シートポスト:THOMSON ELITE
シート:TAIOGA SPIDER TWIN TALE

まずは全体がブラックで統一されたそのビジュアル。マットブラックの極太フレームはやはり迫力があります。735のフレームはLEADERの中でも一番の太さ。比較的太い印象の725よりも更に太い。そんなフレームに合わせた前後のホイールも迫力満点です。フロントには90年代前半に登場し、非常に人気の高かった3本バトンホイール「TORAYCA(トレカ)」。炭素繊維(カーボン素材)の世界的メーカーである「東レ」の商標製品であるトレカを採用した軽量のカーボン・バトンホイールです。今では製造されていないこのホイール。かなりマニアックです。
リアにはイギリスのブランド「PLANET X」のカーボンディープリム「101」+CHUB HUBの組み合わせ。ただでさえ超極太の101に、これまた直径114.4mmのブレードを持つCHUB HUB。もう、どれだけスポーク短いのよwって感じの極太セッティング。これは迫力が出ますね。
CHUB HUBについてはこの日のエントリでも詳しく紹介していますので参考にしてください。

回転系には、ダイレクトクランクの名品「SRAM OMNIUM」を採用。更にBBはOMNIUM標準品ではなく、PHILWOODのアウトボードBB「FOR SRAM OMNIUM」を搭載しています。
phil_foromnium.jpg
SRAM OMNIUMに標準で付属するBBも勿論素晴らしいのですが、更にその上を行く凄まじい回転を生み出すPILWOODの名品。表に出ない部品の代表でもあるBBにこだわるあたりにも、オーナーである神田チャッキーさんの意気込みを感じますよね。

チェーンリングにはSUGINOのZENを搭載。
OMNIUM+ZEN+PHILWOOD BB。…。もう何も言えねぇって感じです。
kitajima.jpg

ステムとシートポストにはTHOMSONを採用。
ステムはX4の70mm、シートポストはELITEです。あくまでも個人的な考えなのですが、ステムとシートポストに関してはTHOMSONを選んでおけばもう他に何もいらないですよね。何もいらねぇって感じです。「何もいらねぇ」って言った有名人はいなかったので画像は省略します。

サドルはTIOGAのスパイダツインテール。
spider1.jpg
この日のエントリで詳しく紹介していますが、スパイダーの名の通り蜘蛛の巣状に肉抜きと言うか網状と言うかのデザインが施された斬新なサドル。これはウェブメッシュという通気性と荷重配分を備えた独自の機能を持ったデザインで、左右のテールをブリッジで連結したツインテール構造がペダリング時の荷重に応じて左右それぞれにしなり、不快感や疲労が大きく軽減されるという優れモノ。135グラムという驚異の軽さとビジュアル、そして機能までをも網羅したサドルとして非常に人気がありますよね。

ピックアップしたパーツだけでもこんなにも豪華。細部にまで拘った漆黒の735。オーナーである神田チャッキーさんの自転車に対する愛情と拘りを感じる1台に仕上がっていますよね。この自転車が街中を走っていたら、間違いなく目が行ってしまうでしょう。
神田チャッキーさん、お写真の投稿ありがとうございました!
もうこれ以上ないだろうって感じの仕上がりですが、まだまだハンドルへの食指が動いているご様子。換装されたらまたメールしてくださいね!これからもよろしくお願いします!

当ブログではまだまだ皆さんからの自転車のお写真の投稿をお待ちしております!
専用の投稿フォームが無くて申し訳ないのですが、当ブログのメールアドレスまで写真を添付してお送りください。メール本文にパーツのリストなんかを書いて頂けるとなお幸いです。メールアドレスは以下の通り。

yokohama.pist@gmail.com

皆さんからの投稿を楽しみにしています!

ご意見・ご感想・メッセージお待ちしています!
yokohama.pist@gmail.com
↓最新のピスト・シングルスピードブログがたくさんあります!↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへにほんブログ村 自転車ブログ シングルスピードへ
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

KOHさんのPHM9!

今日は、久し振りにブログをご覧頂いている方からお写真の投稿を頂戴しましたので紹介させてもらおうと思います。同じ横浜にお住まいのKOUさんの愛車。現在乗っているという1台と、その前に乗っていたという1台、計2台の紹介です。まずは現在乗られているこちらから!
kousanchor.jpg
ANCHORのPHM9!
恐らく当ブログでは初めての登場になると思います。日本が世界に誇るタイヤメーカー「ブリヂストン」。そのブリヂストンの自転車ブランドである「ANCHOR(アンカー)」が「世界で戦えるトラックバイクを」のコンセプトの元に開発したPHMシリーズは、日本国内のトラックレースのシーンでは高いシェアを誇る1本。そのPHMシリーズの上位モデルであるPHM9は、エアロ形状が非常に印象的なカーボンモノコックフレーム。下位モデルのPHM7がスタンダードタイプのカーボン素材を使用しているのに対し、9はハイモジュラスカーボンと言う「高弾性率タイプ」に分類されるカーボンを使用しています。弾性が高い=スタンダードに比べて硬いと言う位置づけにあるようですが、この辺の素材に関する掘り下げた話題はまた次の機会にしたいと思います。

投稿頂いたPHR9は、2010にモデルチェンジする前のモデル。現在はアヘッドステムにエアロ形状のシートポストですが、お写真のモデルはスレッドステムにシートポストは通常仕様。更にクランプボルトが1本ですので、現在では入手困難なPHR9の初期モデルかも知れませんね。これは羨ましいです。

まず最初に目が行くのはやはりフロントホイールでしょう。これまた現在では入手困難な逸品。SPINERGY(スピナジー)のREV-X!。1990年代の発売当初から一世を風靡したカーボンホイールの名品です。美しい十字を描くバトン(そもそもこれをバトンと呼ぶのかは不明ですが…)の配置もそうですが、カーボンの薄いプレートを左右4枚ずつ合計8枚使ったその繊細なフォルムが、このホイールの一番の特徴。しかもKOUさんは700Cサイズではなく650Cサイズを採用されています。これは面白いアプローチですね。確かにリアのホイール(これまたド迫力の超ディープリムですがw)を比較しても一周り小さい。リアリムの深さも相まってその差が歴然と感じられます。

そんなナチュラルな前下がり気味の車体に合わせるステムはNITTOのNJ-PRO AA 90mm。これまた攻撃的なスタイルを実現する角度ですよね。そしてクランクセットはもちろんSRAM OMNIUM!トラックバイクにはOMNIUMクランク!と盲信的に信じている自分にはたまらないチョイスですw。
そして銀フェチの自分がピクっと反応したフレームカラーは鮮やかなシルバー。そしてふと疑問が。あれ?ANCHORのトラックバイクシリーズに、こんなシンプルなカラーリングってあったっけ?と思ったら、やっぱりそうでした。フレームは塗装されたそうです。しかも自家塗装だとか!凄いですよね。KOHさんによれば「3m以内立入禁止です」との事ですがw、自転車のフレームの塗装って、本当に大変な作業。非常に刺激の強い溶剤で塗装を剥離し、素材を剥き出しにした後に下地を処理、その後丁寧に色を何度も乗せてクリアで仕上げる。まさに当方には出来ない丁寧さと根気が必要な作業です。
そんな自家塗装で美しく仕上がったフレームに、ブラックのパーツとブラックのステッカーで仕上げた非常にクールな1台ですよね。この自転車を拝見するだけで、KOHさんの自転車に対する愛着が伝わって来る、そんな感じがします。

以下にスペックを。
フレーム:PHM9 自家塗装
シートポスト:無印カーボンエアロ(LEADERと同等品?)
ステム:NITTO NJ-PRO AA 90mm
ハンドル:謎の深曲がりドロップ(日によってライザーバーです)
サドル:SELLE SAN MARCO"dirty zero"
フォーク:Kinesis 650C カーボン
Fホイール:SPINERGY REVX 650C
Rホイール:カーボンリム88mm 手組ホイール
クランク:SRAM OMNIUM 165mm
ペダル:SHIMANO PD-A520
F&Rタイヤ:TUFO S33PROチューブラー

そしてこのANCHORに乗られる前に乗っていたのがコチラ。
kous725.jpg
LEADER 735TR!
このブログをご覧頂いている皆さんならすぐにお気付きと思いますが、こちらの735も自家塗装!KOHさん、ご自宅の環境を是非教えて欲しくなりますw。グレーに塗装したフレームにステッカーワークを施し、他にない735を実現されていたとの事です。現在はANCHORに乗り換えているのでこの735はお蔵入りのようですが、同じ650Cのフロントホイールを履く事で、これまた一味違った735になっていますよね。

KOHさん、投稿誠にありがとうございました!
横浜・みなとみらい近辺でこのPHM9を拝見したら声を掛けさせて頂きます!当方も725に乗っているタイミングならベストなのですが、最近はベビーカーを押しているタイミングの方が多いモノで…w。

当ブログではまだまだ皆さんの愛車のお写真を募集しています。大変お手数ですが、お写真を添付したメールを以下のアドレスまで送って下さい!
yokohama.pist@gmail.com
本文にスペック・仕様、更には愛車にまつわるエピソードなんかも添えてもらえると嬉しいです!

ご意見・ご感想・メッセージお待ちしています!
yokohama.pist@gmail.com
↓最新のピスト・シングルスピードブログがたくさんあります!↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへにほんブログ村 自転車ブログ シングルスピードへ

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

OGNさんの725!

今日まで蒸し暑い梅雨の終わりのような天気が続いていましたが、一転して今日は全国的に猛烈な暑さになるとか。35度以上の猛暑が予想されている地域も多いとの事。こまめな水分補給を心がけ、屋外での激しい運動は控えましょう。外で活動される方は勿論のこと、これまでエアコンを我慢していても何とかなっていましたが、室内での熱中症も多く耳にします。適度にエアコンを使って、この猛烈な暑さを乗り切って行きましょう!

そんな今日は昨日に引き続き、当ブログをご覧頂いているOGNさんからお写真の投稿を頂戴しましたので紹介したいと思います。年式を越えたカッコ良さ。やっぱりLEADERの725、ですよね!こちら!
ognsan725_1.jpg
※画像クリックで拡大します
おおお!725の旧モデルですね!
LEADERBIKEの725は、最新は2013年モデル。これまで数多くのマイナーチェンジを繰り返して来ました。2011年の初頭に登場したVER.2.5から、溶接部分にスムース加工が施されるようになりましたので、お写真のモデルはそれ以前のモデルと言う事になります。2010年モデル、と言った方が良いのか、VER.2.0と言った方が良いのか…。当時まだLD-725TRと言う型式で呼ばれていた頃のフレームです。これは今となってはほぼ入手不可能でしょう。しかもこれほど程度の良い状態は非常に珍しいと思います。
大の725ファンとしては羨ましい限りですねw。このモデル、新品がもしあれば即買いしちゃうレベルです。

そんな希少フレームをお持ちのOGNさんの725。早速見て行きましょう。
まず最初に目が行くのはやはりフロントホイール。AEROSPOKEの無塗装タイプです。当方もこれと同じホイールを使っていました。と言うより、このホイールは当方が使っていたそのものなんです!。AEROSPOKEからフロントホイールを交換した際、このAEROSPOKEを中古品としてお使い頂ける方をブログで募集したところ、本当に数多くのお問合わせを頂戴しました。その中で一番最初にご連絡を頂いたOGNさんにお譲りすることにしたのですが、中国地方にお住まいのOGNさん。お住まいの近隣にピスト取扱い店は少なく、街中でも走っているピストの絶対量は少ないとの事。これから地元でピストを広めて行きたい!と言う気持ちに感銘を受け、お譲りする事になった次第です。
こうやって今まで使って来たパーツが新しい活躍の場を得て、新たなオーナーさんの元で大活躍する姿を見るのはとっても感慨深いものがありますね。
後方から1枚。
ognsan725_2.jpg
※画像クリックで拡大します
すごくキレイですよね。LEADERのエアロフレーム独特のマットブラックなのですが、写真の光の関係もあると思いますが、すごくキレイなマットブラック。ガンメタの様にも見える漆黒のフレームに、パーツ類も全てブラックで統一した凄くクールな1台に仕上がっている気がします。

サドルは当方も使っているフィジークのアリオネ「キウム」。当ブログでも何度も紹介していますが、ペダリングの時に太ももがサドルに干渉しない絶妙なフォルム。爆発的に人気が出たのも頷ける最高のサドルです。
ステムにはTHOMSONのELITEステム。しかも現在ではカタログ落ちしてしまっている25.4mm対応のX4ステムです。コラムクランプはTHOMSON独自の臼状のパーツを締め込むタイプ。コラム側に出っ張りが無いために非常にスッキリとした外観を実現出来る逸品です。
thomson.jpg
コラムクランプ側にある丸い部品が臼状の締め込みパーツ。
この機構は正に航空機部品で培った高精密加工を得意とするTHOMSONならでは。この機構を搭載したステムはもう入手困難です。何で25.4mmから撤退しちゃったのかな…。まだまだ需要は多いと思うんですけどね。
そのステムに合わせるハンドルはNITTOのドロップハンドルB123AAブラック。25.4mmのドロップハンドルと言えばやっぱりこのハンドルかも知れません。ブレーキレバーにはこの日のエントリでも紹介したTRPのカーボンブレーキレバーを採用。随所にOGNさんのこだわりが垣間見えるカスタムになっています。

詳しい仕様を以下に。
FRAME: LEADERBIKE 725
FORK: I806TR FULL CARBON FALK
SEATPOST: LEADERBIKE SPA2
HEADSET: FSA
HANDLEBAR: NITTO B123AA
STEM: THOMSON ELITE X4STEM(25.4)
CRANK: LEADERBIKE ORIGINAL
BREAKSET: TRP CARBON BRAKE
SADDLE: fi'zi:k ARIONE
F WHEEL: AEROSPOKE
R WHEEL: BROTURES 42mm DEEP
ognsan725_3.jpg
※画像クリックで拡大します

完成車ベースでカスタムパーツを買い増すスタイルではなく、フレームから各パーツを揃えて完成させたと言うOGNさんの725。マットブラックをベースにグロスブラックを散りばめた全身ブラックの男らしい1台は、必ずやお住まいの地元でも注目されるでしょう。そして今でこそ少ないピストの台数が増えて行く事を願って止みません。その牽引役として、OGNさんの725が活躍する事は間違いないですよね。
ん?BROTURESの皆さん、次は中国地方への出店はいかがですか?
広島なんかにオープンするのはいかがでしょう。広島店から福岡店、名古屋店、仙台店…。全国展開の足掛かりに、是非中国地方に進出して下さい!たくさんのピスト乗りの皆さんが手ぐすね引いて待っていますからねw!

OGNさん、お写真の投稿誠にありがとうございました!
これから先もまだまだカスタムは続いて行くと思います。またカスタムが進んだら是非お写真投稿して下さい。そしてお住まいの地域のピストシーンがこれから盛り上がって行く事を願っています。ありがとうございました!

<追記>
AEROSPOKEの譲渡をお知らせした際、本当に数多くのお問合わせを頂戴しました。50件を越えるお問合わせに1通ずつ返信のメールを差し上げておりましたが、当方のミスによりご回答漏れがあった可能性があります。お問合わせを頂戴したにも関わらず、当方からの返信が不着の方がいらっしゃいましたら、この場を借りてお詫び致します。申し訳ありませんでした。
今後とも当ブログを宜しくお願い申し上げます。

ご意見・ご感想・メッセージお待ちしています!
yokohama.pist@gmail.com
↓最新のピスト・シングルスピードブログがたくさんあります!↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへにほんブログ村 自転車ブログ シングルスピードへ

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

米さんのVIVALO!カスタムは続きます

それにしても最近は目の回る様な毎日です。
通常の仕事もそうですが、接待にトラブルが続いたり、長男が体調を崩したけど妻が仕事で海外だったり…。何だか朝起きてから気が付くと就寝時間になっていたりしています。忙しいのは良い事かも知れませんが、息つくヒマもないとなると問題です。せっかく決算が終わったと思ったらこれですからね。仕事もプライベートも、配分を見直さないといけない時期に来ているのかも知れません。

さてそんな今日は、いつも当ブログをご覧になって頂き、コメントも頂戴しています米さんのピストを紹介したいと思います。今年の4月のエントリで紹介させてもらったVIVALOのオーダーフレーム、と言えば覚えている方も多いかも知れませんね。パーツ1点ですがカスタムが進んだようなので投稿を頂きました。
こちら!
komesanvivalo3.jpg
※画像クリックで拡大します

VIVALOのカスタムフレーム!
前回のエントリでも触れましたが、一度はやってみたいオーダーフレーム。自分の好きなカラーにとことんこだわる事が出来るなんてとても魅力的。銀フェチの自分によっては、銀系統のカラーサンプル「だけ」を見せてもらいw、日が暮れて閉店の時間が迫るまで悩む自信があります。カラーオーダーだけじゃなく、ブランドによってはラグの形状なんかもオーダー出来る所もあります。ああ、楽しいんだろうな…と、「いつかはやってみたいリスト」の上位にありながら、「金銭的に限りなく実現が遠いリスト」の上位にもランクインしていると言う不思議な存在でもありますw。
(ムスカ大佐画像は省略しますw)

さてそんな米さんのVIVALO。
どこのパーツが変わったかと言うと…、そうです。ここです。このパーツを新たにインストールされたとの事!バスン!
komesanvivalo4.jpg
※画像クリックで拡大します
CAMPAGNOLO PISTA RECORD!そう、カンパニョーロのピスタ・レコード!つまりはカンパのレコードってヤツです。
これまではSUGINOのRDメッセンジャーを使われていた米さん。RDメッセンジャーもコストパフォーマンスの高い優秀なクランクセットですが、やはりレコードと比べてしまうのは酷と言うもの。カラーリングも、ハンドルやシートポストのシルバーとのコーディネートがバッチリ決まっています。RDがブラックでしたのでクランクだけが少し浮いて見えていましたが、このクランクセットのインストールでカラー的にもパーフェクトな感じがしますよね。

米さんによれば、もちろんBBもカンパレコードを採用。これまでRDでのギア比はフロント48にリア17の約2.82でしたが、カンパの歯数は49。クランクセットの交換を機にコグも17からユーロアジアの16に変更されたとの事です。つまりギア比は3.06になった事になります。それでも2.82の頃と比較して余り重くなった感じはしないとの事。RDからレコードに変更して、BBの回転の良さがギア比をカバーしてしまっているのかも知れませんね。

う~ん、やっぱり細身のスレッドフレームにはシルバーのパーツが似合いますね。ダウンチューブとシートチューブに入ったVIVALOの白いロゴと、前後タイヤ、リアのリムのホワイトが絶妙にコーディネートされた1台。サドルのチョイスなんかは、クラシカルな細身のフレームの中にストリートのエッセンスを散りばめたオーナーさんの遊び心が反映したカスタムと言えそうです。この先どんなカスタムが進むのか?バトンホイールだったり超ディープリムだったりのカスタムも見てみたい気がします。細身のオーダーフレームに極太カーボンホイール…。どんな感じになるのでしょう?

米さん、いつもありがとうございます!
これから先もカスタムが進んだらまたお写真投稿して下さいね!
ありがとうございました!

ご意見・ご感想・メッセージお待ちしています!
yokohama.pist@gmail.com
↓最新のピスト・シングルスピードブログがたくさんあります!↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへにほんブログ村 自転車ブログ シングルスピードへ

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

KTさんの725!カスタム進行中!

昨日のエントリで紹介させて頂いたサクラジテンシャのエアロフレーム用フレームパッド。メールでの反響も大きく、実はこんな商品待ってたんだよね!って方が想像以上に多かった事に驚きました。カラーラインアップの充実やオーダーなんかの詳細も楽しみですね。
そんな気になる商品の情報を提供して頂いたKTさん。実は以前にも当ブログで自転車を紹介させて頂いていました。ホワイトの725、2013年モデル。リアのブレーキアウターをトップチューブの「中」を通すカスタムをされている、と書けばお分かりになる方も多いハズ。詳しくはこの日のエントリを見て頂くとして、今日はそんなKTさんから再度自転車のお写真を頂戴しましたので紹介したいと思います。こちら!
kt725_2_1.jpg
おおお!変わりましたね!
印象に残る箇所がカスタムされてますからね、写真をパっと見ただけでその変貌に気が付きます。
それにしても、やっぱり725、好きだな~。この何とも言えない適度な太さ。735まで極太じゃないんだけど、それなりに自己主張するかのような太さが最高です。まあ、自分も乗っているフレームなので思いっ切り贔屓目に見ちゃっていたりもするのですがw。

早速詳しく紹介したいと思います。
ちなみに先ほどリンクは貼りましたが、このカスタムの前の状態がこちら。
kt725_1.jpg
何度見てもリアのブレーキワイヤーに目が行きますよね。
フレームの中を通すことで、トップチューブに結束バンドと言う少し興醒めなワイヤー処理をしなくて済みます。見た目にも非常にスッキリとするカスタムは秀逸です。
そしてBEFOREとAFTERを見比べると…。
一目瞭然ですよね。チェーンリングとステム、そして前後ホイールが変わっています。そして何より前回と比べて思いっ切りシックな印象になりました。

まずはチェーンリング。
kt725_2_2.jpg
SRAM OMNIUM純正のチェーンリングからSUGINO ZEN 50Tに!
言わずと知れたダイレクトクランクの名品「SRAM OMNIUM」のブラック。今では入手困難なこのクランク、なおかつブラックはシルバーより先に在庫切れが続出した人気のカラーでした。そのクランクに完璧にマッチしたZENのチェーンリング。「ブラックで統一したかった」と言うKTさんのこだわりを感じるセレクトですよね。OMNIUMクランクのグロスブラックと、ZENのマットブラックのコントラストもとてもクール。やっぱりこの組み合わせは鉄板です。カッコイイ!

ステムはTHOMSONのX2ステム70mm、シルバーに変更。
カラーは違いますが当方も同じステムを使っています。KTさん曰く乗車ポジションの改善が主目的との事。THOMSONのX2ステムは、同じTHOMSONのX4ステムと比較してもとてもコンパクト。コラムクランプ、ハンドルクランプ双方に適度な肉抜きもされているので軽量なのも嬉しいポイント。実はラインアップが少ない「70mm」ステム。自然と高品質・高精度なTHOMSONを選んでしまうんですよね。

後方からも1枚。
kt725_2_3.jpg
前後ホイールはリム高60mmのフルカーボンディープリムにチェンジ。KTさん曰く当初は88mmのフルカーボンをセレクトしていたとの事。それでも725フレームの適度な太さには少し88mmは…との判断で急遽60mmにされたそうです。分かります、その感じ。当方もフロント用にず~っと欲しかったSRAMのフルカーボンホイールはリム高60mmのS60。今では入手不可能ですが、自分がもし次にフロントをフルカーボンにするなら同じように60mmをセレクトしそうです。当方の場合はリアに88mmを行こうかな…なんて(財布を完全に無視してw)考えています。
それにしても、60mmのリム高でも迫力が出ますね。とても参考になります。

ホイール、クランク&チェーンリング、フロントフォークのブラックにフレームがグロスホワイトと言う「白と黒」の美しいコントラスト。それでいてシートポストとステムにシルバーを配した、シンプル&モノトーンになり過ぎないカスタムには、何とも言えない「大人感」が漂っていますよね。
同じホワイトの725の乗る身として、非常に参考になるカスタムです。

KTさん、この度は貴重な情報と自転車のお写真の送付、誠にありがとうございました!

当ブログでは、引き続き皆さんからの愛車のお写真を募集しています。当ブログに掲載させて頂いた事のある皆さんも、前回掲載から着々とカスタムも進行している事と思います。どんどん投稿して下さいね!
投稿はyokohama.pist@gmail.com まで。パソコンやスマートフォンのメールクライアントから、自転車のお写真を添付の上メールして下さい!皆さんの投稿をお待ちしています!

ご意見・ご感想・メッセージお待ちしています!
yokohama.pist@gmail.com
↓最新のピスト・シングルスピードブログがたくさんあります!↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへにほんブログ村 自転車ブログ シングルスピードへ

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

makirax

Author:makirax
39歳1児の父。
現在は仕事と育児の合間を縫ってLEADER BIKE 725TRと722TSに乗っています。
自宅のある横浜みなとみらいを中心にのんびり走っています。
■725TR
<フレーム>
LEADERBIKE 725TR 2013
<フォーク>
LEADERBIKE I06TR CARBON
<クランクセット>
SRAM OMNIUM
<チェーンリング>
FSA PRO TRUCK 49T
<ハンドル>
DEDA PISTA ドロップ
<ステム>
THOMSON X2 70mm
<Fブレーキ>
SHIMANO 105
<Rブレーキ>
SHIMANO 105
<Fホイール>
BROTURES 42mm DEEP
<Rリム>
BROTURES 42mm DEEP
<F・Rハブ>
BROTURES ORIGINAL
<タイヤ>
CONTINENTAL
GATORSKIN 700×25
<シートポスト>
LEADERBIKE CARBON AERO
<サドル>
fi'zi:k ARIONE K:ium STD
<ペダル>
シマノPD-M520-L

■722
<フレーム>
LEADERBIKE 722TS STEEL PISTA
<フォーク>
LEADER BIKE S803
<クランクセット>
SUGINO RD MESSENGER 46T
<ハンドル>
BEAM XOB 50mmRISE
<ステム>
THOMSON X4 90mm
<Fブレーキ>
SHIMANO 105
<Rブレーキ>
SHIMANO 105
<Fホイール>
NO NAME
<Rリム>
NO NAME
<Rハブ>
NO NAME
<タイヤ>
NO NAME
<シートポスト>
THOMSON ELITE SETBACK
<サドル>
LEADER COSMIC BLACK SUEDE
<ペダル>
NO NAME
722は現在組み上げ中です!

検索フォーム
自転車日和?

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
ご訪問ありがとうございます
リンク
ADS by Google
関連商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。