スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざハンドル&ブレーキ交換!(前編)

さて、順番を間違えたり寄り道したりでなかなか前に進まなかったハンドルバーのブルホーン化とTTブレーキレバー装着の件。
いい加減に始めないと、心が折れてしまいそうです。
この日のエントリで宣言して約1カ月かかりましたが、昨日ようやくブレーキレバーを購入して参りました。悩んで悩んで結局これ。
profile_brake1.jpg
PROFILE DESIGNのABSアルミブレーキバー。
PROFILE DESIGNと言えばアイアンマン唯一のオフィシャル・バー・サプライヤーとして認められたトライアスロン・バーの定番ブランド。TTタイプのブレーキレバーも数種類リリースしていますが、これにしました。
理由は5つ。
1:ワイヤーをハンドルバー内に這わすタイプである
2:ハンドルへの差し込み部分が短い
3:シルバーのレバーがフレームに合いそう
4:値段が比較的安価
5:目の前に在庫品がこれしかなかった
と、後半が相変わらず良く分からない理由です。
レバーの形状が独特ですよね。先端なんか刺さりそうですw
細い流線型のレバーと、コンパクトなブラケット部、そして5,000円程度の価格が背中を押してくれました。

これを、以前まで使っていたブルホーンバーに装着するワケです。
RIMG0190.jpg
NITTO製、BLUE LUG別注ハンドルバー、RB001AA。
写真では分かり難いかも知れませんが、バー先端部分の上への湾曲が比較的短いデザインです。ですのでブレーキレバーの差し込まれる部分が長いとちょっと良くない。SRAMのレバーを断念したのもこの辺りが原因です。
実際にハンドルバーに仮差し込みしてみましたが、何とか入ってくれそうです。1つ目の問題がクリアになりました。

そこで2つ目の問題が発生します。
このブルホーンバーには、ケーブル出口の穴がありません。
TTタイプのブレーキレバーの場合、ブレーキケーブルはハンドル内を這わせるのが一般的です。ケーブルの出口が無ければキャリパーにつなぐ事は出来ません。
なのでここは勢いでハンドルバーに穴をあけます。
幸いな事に、当方の勤務先関連会社には装置製造会社があります。そこに行けば一通りの工具がそろっていますのでそれを借りる事に。
handle_drill.jpg
年季入ってますw

ブルホーンバーの突出し部分の根元裏側に径6mmの穴を2つ、ギリギリ隣り合うように開けます。ちょうど8の字を横にした感じ。穴が開いたら○と○の間の部分を鉄ヤスリで削り、穴をつなげます。後は同じく鉄ヤスリで仕上げれば…。
handle_hole1.jpg
こんな感じに仕上がりました。
細かいバリだったりは気にしませんw。この辺が典型的なO型なのかも知れませんね。同様に逆側にも同じ穴を開けます。再びドリルでギュイーン×2した後に鉄ヤスリでひたすらガリガリガリガリ…。
handle_drill2.jpg
逆側も完成です。

これで晴れてブレーキワイヤーをハンドル内に這わす事が出来ます。
当方は身近に工具が揃っていたのでラッキーだったかも知れません。工具が身近に無い方や、もっと美しい仕上がりを求める方はショップに持ち込んで加工してもらうのをお勧めします。

次回はいよいよブレーキレバー装着、ワイヤー処理まで一気に行きたいと思います!問題が発生しないことを祈りつつ…。

↓最新のシングルスピード、ピストブログがたくさんあります!↓
にほんブログ村 自転車ブログ シングルスピードへにほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへにほんブログ村 自転車ブログへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

makirax

Author:makirax
39歳1児の父。
現在は仕事と育児の合間を縫ってLEADER BIKE 725TRと722TSに乗っています。
自宅のある横浜みなとみらいを中心にのんびり走っています。
■725TR
<フレーム>
LEADERBIKE 725TR 2013
<フォーク>
LEADERBIKE I06TR CARBON
<クランクセット>
SRAM OMNIUM
<チェーンリング>
FSA PRO TRUCK 49T
<ハンドル>
DEDA PISTA ドロップ
<ステム>
THOMSON X2 70mm
<Fブレーキ>
SHIMANO 105
<Rブレーキ>
SHIMANO 105
<Fホイール>
BROTURES 42mm DEEP
<Rリム>
BROTURES 42mm DEEP
<F・Rハブ>
BROTURES ORIGINAL
<タイヤ>
CONTINENTAL
GATORSKIN 700×25
<シートポスト>
LEADERBIKE CARBON AERO
<サドル>
fi'zi:k ARIONE K:ium STD
<ペダル>
シマノPD-M520-L

■722
<フレーム>
LEADERBIKE 722TS STEEL PISTA
<フォーク>
LEADER BIKE S803
<クランクセット>
SUGINO RD MESSENGER 46T
<ハンドル>
BEAM XOB 50mmRISE
<ステム>
THOMSON X4 90mm
<Fブレーキ>
SHIMANO 105
<Rブレーキ>
SHIMANO 105
<Fホイール>
NO NAME
<Rリム>
NO NAME
<Rハブ>
NO NAME
<タイヤ>
NO NAME
<シートポスト>
THOMSON ELITE SETBACK
<サドル>
LEADER COSMIC BLACK SUEDE
<ペダル>
NO NAME
722は現在組み上げ中です!

検索フォーム
自転車日和?

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
ご訪問ありがとうございます
リンク
ADS by Google
関連商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。