スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こちらも大人気!PAULのクランクセット!

金曜日。そして25日。会社勤めの方の多くが給料日ですね。もちろん10日だって方や月末だって方も多いと思いますが、今日が給料日!って方も多いと思います。しかも金曜日。パーっと飲みに行くぞっ!と意気込みたいところですが、妻が仕事でアメリカに行っており、恒例の息子の世話担当の当方はまっすぐ帰宅する予定w。まあ、散財する機会が減るのは良い事なのですが、余りに行かないと「あいつ実は酒が嫌いなんじゃね?」と噂が出そうで困ります。ハイ、お酒は大好きです。比較的飲む方だと思います。失敗も星の数ほどしています。もしお酒を飲まない人生であれば、今頃は高級車と夢のマイホームをゲット出来ていた事でしょうw。それでも、お酒を飲む事で出来た人脈や仕事があったのも事実。プラスとマイナスを天秤にかけても仕方ないですし、今後も失敗しない程度に飲もうとは思いますが…。そんな身動きの出来ない給料日の金曜日。久し振りにウィスキーでも買って帰る事にしましょう。

さてそんな今日はこのクランクをご紹介。
これまた人気のあるクランクなのですが、恐らく当ブログで紹介するのは初めてかも知れません。一度見たら忘れないデザインも魅力のコレ。
paulcrank1.jpg
PAUL COMPONENTS USA CRANKSET!
アメリカ・カリフォルニアに本拠を持つ高品質コンポーネントブランド「PAUL COMPONENTS」のアルミ削り出しクランクセットです。ピスト乗りの皆さんにとってPAULと言えば、このクランクセットだったりブレーキレバーだったりハブだったりでよくご存知の事と思います。アルミ削り出しの高い技術力を持って、高品質と洗練されたビジュアルを両立させたブランドとしての認知度はとても高いですよね。

まず何よりもこのクランクで目が行くのは、肉抜きされたチェーンリングのデザイン。
paulcrank2.jpg
スペード、クローバー、ダイヤ、ハート。そう、トランプの図柄が肉抜きで表現されています。この柄は「Royal Flush patterns(ロイヤルフラッシュ・パターン)」と呼ばれ、今ではPAULのデザインの代名詞にもなっています。

ビジュアルも勿論ですが品質も万全。アルミの素材はチェーンリング部分が6061アルミ。ふふふ、またもや登場しましたねアルミ君。
アルミにマグネシウムやケイ素、微量の銅を配合した6061アルミは、強度も高く耐食性に優れるアルミ合金。鉄塔やクレーンなどに多く採用され、絶えずチェーンと接触するチェーンリングの材質としてとても安心です。

そのチェーンリングとクランクアームを接合する4本のボルトには7075アルミが採用されています。またもや登場の7075番。当ブログをご覧の皆さんであればもう説明は不要。超々ジュラルミンと呼ばれるあの素材です。航空機にも採用される高い引っ張り強度と耐圧力性を持つ7075アルミ。T25のトルクスヘッドを持つこのボルトが、チェーンリングとクランクアームをしっかりと固定します。

クランクアームの材質は2024アルミ。お、2000番台ですね。
7000番台が主にアルミニウムと亜鉛・マグネシウム・銅の合金であるのに対し、2000番台は主にアルミニウムと銅の合金です。7075アルミが「超々ジュラルミン」と呼ばれるのに対し、2000番台では、2017アルミが「ジュラルミン」と呼ばれ、このクランクアームの素材である2024番が「超ジュラルミン」と呼ばれています。7000番台のアルミが一番強度が高いと言われていますが、この2024番でも自転車パーツとしては充分過ぎる強度を持っていますのでご安心を。

チェーンリングとクランク、さらに固定するボルトまで微妙に採用している材料が違うなんて、何だかこだわりみたいなモノを感じてしまいます。調べなきゃ分からなかった事ですし、居酒屋での小ネタには最適かも知れません。
ただし、自転車好きの仲間内だけの会話にした方が良さそうですねw。
自転車に興味の無い女の子に「ねえ知ってる?アルミの7075番と2024番ってさ…」なんて始めても、恐らくその先には何も残らなそうですし、間違いなく1件目でお開きになりそうですからねw。

ちなみにカラーは写真のブラックの他にポリッシュをラインアップ。
paulcrank3.jpg
何だかすごい美しいですね。
アルミ削り出しの造形美もそうですが、その魅力を100%引き出す独特のデザインが高級感を醸し出しています。トランプ柄周辺の段差や、エッジ部分の面取りひとつを取っても、最終的な全体のデザインに貢献している気がします。美しい!

歯数は32T、34T、36T、39T、46T、48Tをラインアップ。 写真のトランプ柄については46Tと48Tにのみ採用されています。その他のサイズのデザインはこんな感じ。
paulcrank4.jpg
サークル状のデザイン。
もちろん46Tと48Tにもサークルデザインはありますので、好みによって選んじゃって下さい。クランクアーム長は165mmと170mmをラインアップ。重量は最小値(32T、165mm)で556グラム、最大(48T、170mm)で680グラムです。

洗練されたアルミ削り出しのデザインと高い加工精度。そして一流コンポーネントブランドとしての実績と使用している素材の確かさ。そんな、ユーザーの求める殆ど全てを網羅したクランクセット「PAUL COMPONENTS USA CRANKSET」。最新のトレンドを追いかけるデザインにももちろん、クラシカルなアプローチのカスタムにもバッチリと似合う万能性も大きな魅力の一つ。是非チェックしてみて下さい!

→PAUL COMPONENTSオフィシャル(英語)

ご意見・ご感想・メッセージお待ちしています!
yokohama.pist@gmail.com
↓最新のピスト・シングルスピードブログがたくさんあります!↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへにほんブログ村 自転車ブログ シングルスピードへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

makirax

Author:makirax
39歳1児の父。
現在は仕事と育児の合間を縫ってLEADER BIKE 725TRと722TSに乗っています。
自宅のある横浜みなとみらいを中心にのんびり走っています。
■725TR
<フレーム>
LEADERBIKE 725TR 2013
<フォーク>
LEADERBIKE I06TR CARBON
<クランクセット>
SRAM OMNIUM
<チェーンリング>
FSA PRO TRUCK 49T
<ハンドル>
DEDA PISTA ドロップ
<ステム>
THOMSON X2 70mm
<Fブレーキ>
SHIMANO 105
<Rブレーキ>
SHIMANO 105
<Fホイール>
BROTURES 42mm DEEP
<Rリム>
BROTURES 42mm DEEP
<F・Rハブ>
BROTURES ORIGINAL
<タイヤ>
CONTINENTAL
GATORSKIN 700×25
<シートポスト>
LEADERBIKE CARBON AERO
<サドル>
fi'zi:k ARIONE K:ium STD
<ペダル>
シマノPD-M520-L

■722
<フレーム>
LEADERBIKE 722TS STEEL PISTA
<フォーク>
LEADER BIKE S803
<クランクセット>
SUGINO RD MESSENGER 46T
<ハンドル>
BEAM XOB 50mmRISE
<ステム>
THOMSON X4 90mm
<Fブレーキ>
SHIMANO 105
<Rブレーキ>
SHIMANO 105
<Fホイール>
NO NAME
<Rリム>
NO NAME
<Rハブ>
NO NAME
<タイヤ>
NO NAME
<シートポスト>
THOMSON ELITE SETBACK
<サドル>
LEADER COSMIC BLACK SUEDE
<ペダル>
NO NAME
722は現在組み上げ中です!

検索フォーム
自転車日和?

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
ご訪問ありがとうございます
リンク
ADS by Google
関連商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。