スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビンディンペダルのススメ第3章

雨です。
おい。
今日は自転車通勤が可能な数少ない日だったんだぞ。どうしてこういつもタイミングが悪いんだ?しかも1日ガッツリと降るらしい。そりゃ適度な雨は必要でしょう。農作物だって、日照り続きじゃ問題にもなります。真夏の渇水問題ではありませんが、適度な水量はダムにも必要でしょう。それでもさ、この週間天気予報はどうなのよ?
weather_april.jpg
おお、正にピンポイントw。狙ったかの様な布陣。
って、おおおおおおい!
土日休みのお勤めの方全てが突っ込みたくなるような雨の予報分布には正直笑ってしまいますが、まあ降水確率も50~60%と気象庁予報部からしたら「まあ多分降るからさ、一応雨具の準備はよろしくね。んじゃ。」ってレベル。誤差の範囲で少しでも予報が改善する事を願って止みませんね。

そんな雨の今日はこんな話題を。
昨日のエントリでも触れた、交換予定のペダル「ビンディングペダル」。専用のシューズとペダルを固定する機構の事なのですが、ブログに掲載する度にメールでの反響が多いのも事実。「導入したいけど固定されるのが怖い」と言う内容が最も多く、他にも「簡単に足を外すことが出来るのか?」と言ったご質問や「メリットとデメリットを教えて欲しい」なんて内容も多く頂きます。そこで今日はビンディングペダルのメリットとデメリットを中心に、ビンディングペダルについて少し深く掘り下げようと思います。

まず基本的な事項「ビンディングペダルって何ぞや?」と言う点から。
これは上にも書いた通り「専用のペダルと専用のシューズを使い、シューズ側に装着したクリートと呼ばれる部品を介してペダルとシューズを固定する」機構の事。予備知識としてこの日のエントリこの日のエントリも参照頂けると更に分かり易いかも知れません。ロード用とMTB用の2種類があり、それぞれ専用のシューズ形状に特徴がある点や、専用クリートの形状だったりなどの詳細はリンク先エントリなどを参照して頂くとして、実際に「ペダルとシューズが固定される」と言う事実に基づいたポイントを列記して行きます。
IMG_0340.jpg
※当方が使っているMTB用ビンディングシステムを例にしています。ロード用と細部で異なる点はありますが、大まかにって具合でその点はご容赦下さい。

<ペダルとシューズを固定する>
装着については非常に簡単。シューズのソールに装着したクリートの先端をペダル側のあるポイントに「ひっかけ」て、グイっと踏み込めば「パチン!」と言う音と共にシューズとペダルが固定されます。スキーのビンディングをイメージしてもらうと分かり易いのですが、前側を引っ掛けて、踏みこんで後ろ側もパチン!ってな具合。分かり難いかな…?慣れてしまえば目視することなくイチ、ニのサン!でパチン!です。

<外す>
これが一番気になるポイントだと思います。とっさの時に外せるのか?
結論から言うと簡単に外れます。
ペダルを踏みこんでクランクを回転させるのですが、足が一番低い位置(下死点)まで行ったあとは、自然に足とペダルは上方向に戻って来ます。足を垂直に下方向へ踏みこんで、その後垂直に足を引き上げる。つまり自転車のペダリングの時、足は垂直方向にしか動かしていないんですよね。ここを利用しています。ビンディングペダルは垂直方向に足を動かしている限りは外れません。下死点から思いっきり腿と膝、ふくらはぎを使ってペダルを引き上げても絶対に外れません。
その分、横への動きには弱い。つまり横方向へ動かすと簡単に外れます。
具体的にどうするか。
固定されている足の裏の点を中心にして「クイっ」と足首をひねると外れます。動きとしては「ツイスト」w←古い。例えが良いのか分かりませんが、火のついたタバコを地面に捨てて踏み消す時の動きが一番近いかな…。カカトを外側に向けて出すイメージで足首をひねれば本当に簡単に外れます。ペダル側の調整にもよりますが、緩い固定に設定すれば、ちょっとひねるだけで「ヌルっ」って感じに外れます。もしかしたらペダルストラップから足を引き抜く動作より早いかも知れません。調整と慣れが最初は必要ですが、慣れてしまえば無意識に着脱が可能になります。
crankbro1.jpg
(C)BROTURES
CRANKBROTHERSのビンディングペダル。最近は様々なブランドがビンディンペダル商品をリリースしています。

次にメリットとデメリットについて。
<メリット>
・引き足が活用できる
これはペダルストラップを使っても実現出来るのですが、ペダルストラップが「足の甲」を使ってペダルを引き上げるのに対し、ビンディングは「足の裏」を使って引き上げるイメージになります。足の甲が「足のスネの横の筋肉」を使って引き上げるイメージに対して、ビンディングは腿から足の裏に至る「脚全体」で引き上げるイメージなので、より強力な引き足を実現出来ます(当方のイメージです)。

・ペダリングフォームの均一化
着脱の項目でも触れましたが、「垂直方向の力にはビクともしないが、横方向には弱い」。つまりフォームが悪いと走行中に外れる事も考えられます。外れても危険と言うワケではなくまた「パチン!」とすれば良いのですが、フォームの乱れによるロスを防ぎ、結果としてペダリングが均一化すると言うメリットが考えられます。

・安心感
上記のような「外れてしまうポイント」さえ理解出来ていれば、乗車姿勢をいつでも均一にしないといけないって事はありません。それ以上に「機構としてしっかり固定されている」と言う安心感はペダルストラップには無い魅力かも知れません。

<デメリット>
・専用のシューズが必要
これはビンディングペダル一番のデメリットでしょう。クリートを装着するための専用のシューズが必要です。今でこそ色々なデザインの専用シューズが発売されていますが、それでも限りはありますからね。自分の好みのデザインが無い可能性も高いです。

・靴が限られるから…
専用のシューズを使う事で靴の選択肢が減ります。よってそれに合わせる服装にも制限が出ますよね。特にストリートで走る事を考えると、若い人たちにとっては服装だって自転車ライフの一部でしょう。専用のシューズに合わせて服に制限が出てしまうのもデメリットかも。

・気軽に乗り出せる感が下がる
ちょっとそこまで…とスニーカーに短パンで乗り出せる感は下がってしまいます。短パンでもジャージでもパジャマでも…ちょっとそこまでって感じでも専用シューズで「パチン!」ですw。こればかりは皆さんの自転車ライフのスタイルによって千差万別でしょう。通勤に使用したり、休日に長い距離を走ったり、それこそメッセンジャーさんみたいに一日中乗るなんて人には最適ですが、「移動手段」として乗り降りが多かったり、長時間自転車を置いて他の事をする時間が多いなんて方には向いていないのも事実です。

こんな所でしょうか…。
簡単に特徴やメリットとデメリットについて書いてみました。
「ペダルと足が固定される」と言う点ではペダルストラップと同じですが、その特性について少し異なる点や、意外と着脱が簡単な点なんかが上手く伝わっていると嬉しいのですが…。ちなみに安価な物でビンディングペダル左右セット4,000円程度(クリート付き)、専用シューズ6,000円程度の合計10,000円程度から導入が可能です。
もしこの春、ビンディングペダルを試してみたいな…なんて方がいたら是非一度経験される事をオススメします。ペダルストラップとは大きく異なるペダリングを実感出来ると思います。人それぞれ好みがありますので一概には言えませんが「違う漕ぎ口」を経験出来ること、請け合いですよ!

ご意見・ご感想・メッセージお待ちしています!
yokohama.pist@gmail.com
↓最新のピスト・シングルスピードブログがたくさんあります!↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへにほんブログ村 自転車ブログ シングルスピードへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

はじめまして

ネット見ていたら、こちらのブログにたどり着きました(*^_^*)
見ていて面白かったので、過去の更新など拝見させていただきました!
去年の夏からピストにハマりました、ブログ色々と参考になります!これからはちょくちょくお邪魔します(*^_^*)

なおさん

こんにちは!コメントありがとうございます!
昨年の夏からピストにハマったとの事、ピストってハマると周囲が引くくらいハマリますよねw。自分もロードに乗っていた頃とは比較にならないくらいハマっています。これから春~夏に向けて自転車には最高の季節、お互いに自転車生活を満喫しましょう!
なおさんはどんな自転車にお乗りですか?もしカスタムが進んでいるようでしたら、一度是非お写真を送って下さいね。ブログで紹介させて頂きたく思います。稚拙なブログですが、今後とも宜しくお願いします!
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

makirax

Author:makirax
39歳1児の父。
現在は仕事と育児の合間を縫ってLEADER BIKE 725TRと722TSに乗っています。
自宅のある横浜みなとみらいを中心にのんびり走っています。
■725TR
<フレーム>
LEADERBIKE 725TR 2013
<フォーク>
LEADERBIKE I06TR CARBON
<クランクセット>
SRAM OMNIUM
<チェーンリング>
FSA PRO TRUCK 49T
<ハンドル>
DEDA PISTA ドロップ
<ステム>
THOMSON X2 70mm
<Fブレーキ>
SHIMANO 105
<Rブレーキ>
SHIMANO 105
<Fホイール>
BROTURES 42mm DEEP
<Rリム>
BROTURES 42mm DEEP
<F・Rハブ>
BROTURES ORIGINAL
<タイヤ>
CONTINENTAL
GATORSKIN 700×25
<シートポスト>
LEADERBIKE CARBON AERO
<サドル>
fi'zi:k ARIONE K:ium STD
<ペダル>
シマノPD-M520-L

■722
<フレーム>
LEADERBIKE 722TS STEEL PISTA
<フォーク>
LEADER BIKE S803
<クランクセット>
SUGINO RD MESSENGER 46T
<ハンドル>
BEAM XOB 50mmRISE
<ステム>
THOMSON X4 90mm
<Fブレーキ>
SHIMANO 105
<Rブレーキ>
SHIMANO 105
<Fホイール>
NO NAME
<Rリム>
NO NAME
<Rハブ>
NO NAME
<タイヤ>
NO NAME
<シートポスト>
THOMSON ELITE SETBACK
<サドル>
LEADER COSMIC BLACK SUEDE
<ペダル>
NO NAME
722は現在組み上げ中です!

検索フォーム
自転車日和?

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
ご訪問ありがとうございます
リンク
ADS by Google
関連商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。