スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の季節にピッタリ♪

ようやく梅雨っぽい気候になって来たかと思えばまさかの台風接近。「最低限の雨は降って欲しい」なんて書いたら台風が来てしまいました。「11日から12日にかけては東・西日本の太平洋側を中心に激しい雨が降る恐れ」なんて予報も出ています。何もそこまでは望んでないんですけどね…。何だか梅雨入りから降らなかった分が一気に来そうです。大荒れが予想される地方にお住まいの皆さんは念のために警戒しておいて下さいね。

さて今日は、そんな梅雨真っ只中にふさわしい話題を。
BROOKS(ブルックス)。ピスト乗りの皆さんなら「本革製のサドル」と聞いてまず最初に思い浮かぶブランドだと思います。
brooks1.jpg
クラシカルなアプローチで自転車カスタムをしたい時、サドルの選択肢として必ず候補に上がるブランド。当方は所有していませんが、上質な本革を使用したサドルは、使い込むにつれて程良く自分のお尻さんの形に馴染んで行くとか。経年による変化、いわゆる「エイジング」を楽しむ事が出来ます。

そんなサドルで有名なBROOKSから、今の季節にピッタリなアイテムがリリースされているので紹介します。こちら!
brooks_pon1.jpg
ポンチョ!
正式にはBROOKS「CAMBRIDGE RAIN CAPE(ケンブリッジ・レイン・ケープ)」と言います。何だか3人並ぶとカワイイ感じもしますねw。
急な雨の時でも頭のてっぺんからスッポリと被る事が出来るポンチョって、実はとっても便利だったりするんですよね。しかもあのBROOKSブランドですからね。一体どんな商品なんでしょう。詳しく見て行きましょう。

まずは着用イメージから。ポンチョですので、当然頭からスッポリと被る事になります。
brooks_pon2.jpg
おおお、予想通りです。
頭や体は当然のこと、顎や首もしっかり保護してくれています。いわゆる「パーカー」タイプのポンチョだと、首がガラあきって事も多かったりします。さすがに口と鼻を閉ざすと呼吸が苦しくなりますし、これだけ隠れれば雨に濡れる箇所を最小限にする、と言うポンチョとしての役割は充分果たしてくれますね。

次に、このポンチョ一番の売りであるこの機能。
1枚目の写真を見ると分かりますが、前面の下、いわゆる「裾(すそ)」から何やら左右2本の突起が出ています。これが便利。この左右の突起、ハンドルに固定出来るんです。
brooks_pon3.jpg
写真右側のようにハンドルに巻き付けて内蔵マグネットで固定。ポンチョのうち、自分の体の前部分をエプロンのようにハンドルに被せる事で、自転車のフレーム全体をテントのように覆う事が出来るワケです。
…。
分かります?
文章で伝えるって本当に難しいw。当方の日本語力の無さが原因ですよね。
どうしよう。むむ、対策は後ほど書く事にします。

まあ勿論、雨は必ず垂直方向に落ちて来るとは限りませんし、横から吹き付ける雨は防ぎようがありませんが…。それでも何もしない場合と比べれば、フレームの保護と言う意味ではある程度の効果が見込めそうです。
そして背中側、2本の輪っかが確認出来ると思いますが、これはそう、BROOKSアイテムの定番「収納時、サドルへの固定用」の輪っか。
brooks_pon4.jpg
もちろん、ハンドルへの固定も可能です。
梅雨のシーズンに限っては常時サドルやハンドルに装着しておいても良いかも知れません。これだけコンパクトにたためますので、勿論カバンへ忍ばせておいてもOK。備えあれば憂い無しって事ですね。

パッと見た感じは、ナイロン製って事もあり「ペラペラなレインケープ」って感じもしますが、メーカーによれば何と耐水圧は10,000mm!…っておい、よく分からないぞw。10,000mm…、1,000cm、10メートル…?耐水圧って何だ?と調べてみたところ「JIS(日本規格協会)が定める測定方法によって、生地表面にどれだけの水圧がかかる事で、裏側に水が漏れ出すかを示した数値」との事。紹介したレインウェアや傘、それにテントなんかにもその性能を示す数値としてしっかりと定められているみたいです。
いやはや、世の中にはまだ知らない事が星の数ほどありそうですねw。

一般的に被服の業界では耐水圧2,000mm以上をレインウェアと呼んでいるとか。一般的な傘の耐水圧が500mm程度、小雨に耐えられる耐水圧が5,000mm以上。ゴルフやスキーなど雨や風に長時間耐える必要がある場合は10,000mm以上、登山など最悪な場合人命に関わる可能性を想定する場合は20,000mm以上…との目安もあるそうです。このポンチョは10,000mm。大雨に見舞われてもある程度の防水性はありそうですね。

カラーは1枚目の写真の3色、サンド、ブラック、ブラウンがあります。サイズはXS S(140-160cm対応)とM L(160-180cm対応)の2種類をラインアップ。価格はメーカー希望小売価格で税込18,900円と、さすがにBROOKS価格!って感じもしますねw。それでも10,000mmの耐水圧(今勉強したばかりですがw)を誇り、ハンドルに固定する事でフレームへの影響も減らす事の出来る有用なポンチョとして、この季節に1つ手元にあっても良いかも知れません。雨の多いこの季節でも自転車に乗る機会の多い方、ピストだけじゃなく、仕事柄自転車が必要な方。そんな方には是非チェックして欲しいアイテムの一つです。

あ、忘れてた。
さっきのハンドルへの固定とフレームへの影響の説明のところ。分かりやすい画像があったので紹介しますね。こちら!
brooks_pon5.jpg
そうそう!これが言いたかったんです!
写真ではカゴの方まで行っていますが、ポンチョの前部分をハンドルに掛ける事で、自転車全体をテントのように覆う!まさにコレです。そうそう。

…。
ん?
だったらこの画像の商品の方が良いって?
え?この画像の商品は約3,000円程度で買えますよって?
あははは、まあそこはね、BROOKSブランドですし、それに見て下さいよ、顎!アゴ!アゴが完全に露出してしまってるし、耐水圧も10,000mmは無いでしょうし、おしゃれなカラーじゃない真っ黄色だし、モデルさんは何故か外人さんだし…。

と言うワケで、BROOKSの自転車用ポンチョ「CAMBRIDGE RAIN CAPE(ケンブリッジ・レイン・ケープ)」。梅雨の季節にピッタリのアイテムとしてオススメ(なのか?)です!

ご意見・ご感想・メッセージお待ちしています!
yokohama.pist@gmail.com
↓最新のピスト・シングルスピードブログがたくさんあります!↓
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへにほんブログ村 自転車ブログ シングルスピードへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

No title

進化してますね~ポンチョ。

そもそも自分が濡れるのは我慢できますが、愛車が濡れるのが嫌ですww

私は登山もやるのでゴアテックスのアウターを非常用に持ち歩いてますよ!
登山用は性能は抜群ですが値段も抜群です・・・

神田チャッキーさん

そうなんです、自分が濡れるのは全然構わないのに、自転車が濡れるのが許せないw。同じです。妻は全く理解出来無さそうですけど。
登山もやられるんですか!
当方も一度は富士山には登ってみたいと思います。日本人として一度は、と思っているのですが、体力、心構え、装備、予算、時間(と、突き出たお腹w)がなかなかそれを許してくれません。
当方はカメラも(初心者ですが)大好きなので、山からの景色なんかも撮影してみたいです。
これ以上趣味を増やすな!とのお叱りを妻から受けそうですが…w。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

makirax

Author:makirax
39歳1児の父。
現在は仕事と育児の合間を縫ってLEADER BIKE 725TRと722TSに乗っています。
自宅のある横浜みなとみらいを中心にのんびり走っています。
■725TR
<フレーム>
LEADERBIKE 725TR 2013
<フォーク>
LEADERBIKE I06TR CARBON
<クランクセット>
SRAM OMNIUM
<チェーンリング>
FSA PRO TRUCK 49T
<ハンドル>
DEDA PISTA ドロップ
<ステム>
THOMSON X2 70mm
<Fブレーキ>
SHIMANO 105
<Rブレーキ>
SHIMANO 105
<Fホイール>
BROTURES 42mm DEEP
<Rリム>
BROTURES 42mm DEEP
<F・Rハブ>
BROTURES ORIGINAL
<タイヤ>
CONTINENTAL
GATORSKIN 700×25
<シートポスト>
LEADERBIKE CARBON AERO
<サドル>
fi'zi:k ARIONE K:ium STD
<ペダル>
シマノPD-M520-L

■722
<フレーム>
LEADERBIKE 722TS STEEL PISTA
<フォーク>
LEADER BIKE S803
<クランクセット>
SUGINO RD MESSENGER 46T
<ハンドル>
BEAM XOB 50mmRISE
<ステム>
THOMSON X4 90mm
<Fブレーキ>
SHIMANO 105
<Rブレーキ>
SHIMANO 105
<Fホイール>
NO NAME
<Rリム>
NO NAME
<Rハブ>
NO NAME
<タイヤ>
NO NAME
<シートポスト>
THOMSON ELITE SETBACK
<サドル>
LEADER COSMIC BLACK SUEDE
<ペダル>
NO NAME
722は現在組み上げ中です!

検索フォーム
自転車日和?

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
ご訪問ありがとうございます
リンク
ADS by Google
関連商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。